大正グルコサミンの驚く効果を実感!~手軽に健康生活~

夫婦

糖質制限食とは

ダイエットや糖尿病対策に

サラダ

近年、健康の維持・増進はもちろんのことダイエットにも効果があるとしてマスメディアなどで話題になっているものに、糖質制限食があります。 糖質制限食は1990年代から提唱され始め、日本では2000年代の後半ごろから注目を集めるようになりました。基本的には糖質を多く含む食品の摂取を控えるという食事制限法で、その実践方法は提唱者ごとに異なりますが、共通するのは炭水化物の摂取を極力抑えるという点です。一説によれば、1日に摂取する糖質の量は20グラム以内とするのが望ましいとされています。 この糖質制限食は一般に肥満解消の方法としてしばしば紹介されていますが、最近では糖尿病患者に対する食事療法の1つとして取り上げられることも多くなっています。

炭水化物や果物を控える

糖質は筋肉や臓器を動かすエネルギー源となる重要な栄養素ですが、摂取量が多すぎると肥満や血糖値の上昇を招きます。そこで、糖質制限食では糖質過剰のもととなる食材を控えることで脂肪や血中糖分の減少を目指します。 糖質を多く含む食材として代表的なものが、先述した炭水化物です。具体的にはご飯・パン・麺類などの主食がこれに当たります。また、イモ類などに含まれるデンプン、スイーツに含まれる砂糖、フルーツに含まれる果糖なども糖質に該当します。こうした食材の摂取量を抑えるのが糖質制限食です。 糖質制限食は美容法・健康法として日本をはじめ世界各国に普及しつつあります。ただし歴史の浅い方法であるために効果やリスクについては現在もなお研究が続いています。